密葬 Q&A パート1

Q1.そもそも密葬とはなんですか?

・・・密葬とは故人の家族やごく親しい親族、親類、友人、知人などのみで小規模で行われる葬儀のことを指します。密葬が選択されるのは、「家族だけで静かに故人を送りたい」「費用を大きくかけられない」「大人数が参列することによる混乱を避けたい」という遺族の意向や目的があったとき。あくまで故人もしくは遺族の意向によるものです。

Q2.密葬と家族葬はどう違うのですか?

密葬とは、遺族などだけで故人を火葬します。家族葬と違い、後日、より大人数向けの本葬式を行うことが特徴です。著名人の場合は、故人のファンや関係者を招くための「お別れ会」などと催したりもします。 密葬という言葉はもともと、著名人がなくなったときに身内だけで故人とお別れするものを指していたというルーツがあります。それが、今では小規模のお葬式を指して使われています。

じつは家族葬という言葉は、小規模・低予算の密葬を、葬儀社がマーケティング戦略の一つ考えだし、広めたのがルーツなのです。つまりもともとは密葬と同じ意味でした。 最近では本葬式を行わないケースも増えてきてるので、密葬と家族葬の違いもあいまいになってきたのは事実です。

Q3.本葬式って何ですか?

・・・一般的に密葬は、事情によって取り急ぎ故人を火葬するものであり、後日改めて本葬式やお別れ会を行います。  しかし、最近では本葬式を行わず、密葬だけで済ませるケースも増えてきているようです。故人の遺志で密葬になった場合は、本葬式は行わないことが多いようです。つまり、本葬式は必ず行わなければいけないわけではありません。