密葬の供花

■供花は送らないのが無難

密葬の場合、供花を送ることはありません。密葬の場合、供花だけではなく、供物やお香典、弔電も送らないのがマナーです。なぜなら、密葬は一般の参列者、つまり他人が関わることを避けるのが目的の一つです。また、遺族は身内だけでゆっくりと故人とお別れしたいという思いがあります。このような密葬の背景を考えると、供花を送るのは控えるべきです。もちろん送ることが失礼というわけではありませんが、せっかく遺族が落ち着いて葬儀をしたいときに、供花の配列やお礼の準備など手を煩わせてしまうことになります。

基本的に通知相手となるのは、親族、親しい友人に限られるとは思いますが特に決まりはないので、参列していただきたい人の範囲は、故人との関係を考え、遺族側で判断していいでしょう。

■死亡通知の指示に従って

遺族が(もしくは葬儀社が)しっかり準備しているなら、事前に通知が来るはずです。その通知の文面で、供花や香典、弔問を受け付けるかどうかについて書かれていませんか?もし書かれていたら、その通知に従って判断するのがよいでしょう。あくまで遺族の意向を重んじるべきですので。

「せめて供花だけでも送りたい。」という気持ちもあるとは思いますが、ここは遺族の気持ちを考えて、供花を送るのは遠慮しましょう。

■本葬式のときに送りましょう

密葬とは、取り急ぎ身内だけで火葬をするもので、大抵は後日に本葬式を行うのが一般的です。本葬式は、一般参列者も会葬するごく普通のお葬式ですので、供花、供物、ご香典、弔問、弔電ももちろんOKです。 ただし、最近では本葬式は行わず、密葬だけで済ませるケースも増えてきているようです。 各密葬ごとにケースバイケースですので、遺族に確認してみましょう。