密葬時の弔電

■そもそも弔電とは?

そもそも弔電とは、何らかの理由で葬儀に出席できない場合、辞退する場合に、喪主に送る電報のことです。

■そもそも弔電を送る立場なのかどうか?

密葬の場合、葬儀のお知らせは、遺族、親族、親しい友人とごく限られた少数の人にだけ送られます。そこから噂や情報が広まっていき、多くの人が葬儀の詳細を知ることになります。通知が届いた本人はともかく、それを聞いて密葬を知った周囲の人に弔電を送る理由はありません。そもそも呼ばれていないのに弔電を送るのは、遺族に対して大変ご迷惑になりますので、まずは自分に密葬のお知らせが届いたかどうか確認してください。

もし葬儀のお知らせが届いていなかった場合は、当然ですが弔電を送る必要はありません。 「知ったからには、何もしないのは抵抗がある。」という個人的なこだわりはやめ、遺族の意志を尊重し、弔電は避けましょう。

■密葬のときは、弔電を送ってもいいの?

もし葬儀のお知らせが届いていた場合でも、密葬の場合、基本的に弔電は必要ありません。そもそも密葬は、表立った香典や弔問をむしろ避けたいというのが目的です。

■ほんとに何もしなくていいの?

密葬においては、通知が来ない限り弔電は送る必要はありません。もし、故人との親しい友人であれば、香典や弔問もOKですが、仕事関係などのお付き合いは、関わるのを控えましょう。たまたまお会いすることがあれば、口頭でお悔みをお伝えする程度がいいでしょう。

なお、密葬の場合は、たいてい後日に本葬式がありますので、そこでは遠慮することなく対応してもいいでしょう。