はじめに

密葬などでの香典は?

■密葬の場合、お香典は渡してもいいの?

そもそも密葬は、表立った弔問を避けて火葬をするのが目的なので、基本的に他人がかかわるのは控えるべきです。

ただし、故人と親族同然の親しさのある友人なら、密葬であっても香典や弔問、弔電はOKです。タイミング的には、火葬も後片付けもすべて終わってから。ゆっくりお別れしたいところを訪ねてしまうと、迷惑をかけてしまいますので遠慮したほうがいいです。遺族のみなさんがゆっくり落ち着いたあと、お悔みを言い、香典を送りたい旨を伝えるのがスマートです。

ちなみに密葬だからといって、相場などにとくに違いはありません。

■“密葬”なので、ご不幸を人に話さないこと!

密葬の場合に意識したいのが、とにかく遺族、親族をそっとしてあげることです。 さきほど友人の場合は香典、弔問OKと書きましたが、ご不幸があったことは周囲には黙っておきましょう。これはとても大事なことです。

万が一、香典を渡したあなたがそのことを知人の一人に話してしまったら、その知人も故人の不幸を知ってしまうわけです。すると、その知人はあなたと同じく「知ったからには何もしないのは抵抗がある」と思います。そして遺族に香典の申し出をするはずです。

密葬をした遺族の身になって考えてみるとどうでしょうか? 密葬して落ち着いたところに、不幸を聞きつけた人がダラダラと香典、弔問を申し出て、遺族がその対応に気を使うことになり、結果的にご迷惑をおかけすることとなります。 きっとそれぞれ故人に対して思いがあるので、「なにかお悔みの気持ちを伝えたい。なにもしないのは抵抗がある。」という心情になりがちですが、密葬には密葬のマナーがあります。密葬の場合は、他人が関わること自体が迷惑につながるということを忘れないでください。

結論、ベストなのは、ふとお会いする機会があったときに口頭でさりげなくお悔みを伝えることです。